お湯パーマをかけよう!
 
1・内巻きカール
(難易度☆)

サラン樹脂でできている人形の髪の毛は、
お湯(熱)で簡単にクセ付けをすることができます。
まずは簡単な内巻きカールに挑戦してみましょう。

-1-
ヘッドを菜箸など、長い棒に挿します。
お湯パーマ専用の菜箸を用意するとよいでしょう。
 
-2-

写真のように、髪をあごの下あたりで輪ゴムで結わきます。
ヘッドの丸みを利用して、内巻きにするのです(^-^)
下の方は適当な長さに切り、お湯の中で動かないように菜箸にとめておきましょう。
*
これを、沸騰したお湯で10〜20分ほど温めます。
あまりグツグツと煮る必要はないので、ヘッドを入れている間は弱火で十分です。
*
鍋にヘッドの部分がつかないように注意して作業しましょう。

***

完成!
お湯パーマでついた丸みを上手く活かしてカットすると、
このようにきれいな内巻きになります。
そのままでは髪にボリュームが出すぎてしまうので、
ハサミを縦に入れて、カールの内側の毛をカットします。
外側より内側をたくさん切る感じです。
*
輪ゴムの締め付けの強さや留める位置を変えると、カールの形が調整できます。
いろいろと試して、お好きな位置を探してみてくださいね(^▽^)

戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO