カスタムドールを作ろう!

カスタムドールの世界に興味を持ったら、
自分も作りたくなってしまった……
 
でも、どこで何を揃えればいいの?
1体作るのに、どれぐらいお金がかかるものなの?
 
そんなよく聞かれる疑問に、できる限り詳しくお答えします!
私のつたない知識で申し訳ありませんが、
これからカスタムドールを始めようという方の手助けになれば幸いです。
あなたも、世界に1つだけのかわいいドールを作ってみませんか?(^▽^)

 その1 - 何を買えばいいの?-

 
カスタムドールを作るために最小限必要な物は
ボディ植毛ヘッドペイントする道具です。
 
◇ボディ(素体)◇
後列向かって左:ボークスのNEW-EB少年ボディ美白 1575円
後列右:ボークスEBビューティーやわらかバスト麗乳(胸がソフビ製) 1680円
手前:オビツボディ(女)ノーマルタイプ 1365円

 女性型、男性型、少女型、少年型など各種あります。
女性型ひとつをとっても、バストの大きいもの、可動範囲が広いもの、
バストや指先が柔らかい素材でできているものなどあるので、
お好みで選ぶといいでしょう。
カラーはノーマル、美白、褐色などがあり、メーカーによって違います
 
 
◇植毛済みドールヘッド◇
後列左:ボークスAヘッド・センターパートストレート 1575円
後列右:ボークスBヘッド(旧肌色)・ポニーテール 1260円
前列左:オビツW-04 1050円
前列右:ノアドロームCK1 1260円
 
こちらも各社から、特色のあるいろんな形のヘッドが出ています。
髪の色もメーカーによって30〜40色以上あります。
 
ノアドローム 04S
このように横分けに植毛されたヘッドもあります。
リアルタイプのヘッドなので、美形の青年を作ってもいいですね。
 
オビツW-04
アニメ系のキャラにお似合いです。
オビツはボディもヘッドもお値段安めなのが嬉しいところ!
 
ボークスAヘッド・ツーテール
ドールの場合、もともとセンターパートストレートのヘッドを
ツーテールに結わこうとすると、植毛の関係で地肌が見えてしまいます。
ツーテールやポニーテールにしたかったら、分け目が見えないようにさらに植毛するか、
このような専用ヘッドを買うしかありません。
ですから、もとからいろいろな髪型があるのは嬉しいですね。
 
※ここで紹介したのはごく一部です。他にも様々なタイプのヘッドがあります。
 
 
◇無植毛ヘッド◇
左:ボークス06ヘッド 右:ボークス03ヘッド(植毛Aヘッドと同じ形)美白
 
ボークスの素体には、このようなヘッドが付いてくるので、
ドール用のウィッグ(下で紹介)をかぶせたり、
ドールヘア(一束420円〜)を植毛して使うこともできます。
 
このヘッドのみでも売られています。(2個840円)
 
◇ウィッグ◇
左右とも:ボークスドルフィープラス専用ウィッグ 1575円
 
こんな小さな1/6ドール用のウィッグもあります。
スキンヘッドに被せるだけで、かわいいカスタムドールの出来上がりです。
 
 
◇エディットキット◇
アゾンドールエディットキット・スレンダータイプ 3570円
(グラマラスタイプは3675円)
 
最低限ボディと植毛ヘッドを買えば、カスタムドールができますが、
アゾンからは、最初からそれらがセットになったキットが出ています。
あとは顔を描き込んで、髪をカットするだけでドールの完成です。
中の紙には、フェイスペイントの手順が丁寧に描いてあります。
 
 
◇画材いろいろ◇
後列左より、Mr.カラー 126円、Mr.カラー薄め液(小) 157円、リキテックス10色セット 1260円
前列左より、リキテックス(単品) 137円、梅皿 168円、面相筆 315〜630円
 
ヘッドに瞳や唇をペイントすれば、もう立派なカスタムドールです!
 
Mr.カラーは耐久性がありますが、薄めたり汚れを落とすときは
専用の薄め液(シンナー)が必要だったりと、扱いがちょっと難しいです。
使いやすさでは、リキテックスをおすすめします。
水彩絵の具と同じ感覚で使え、乾くと耐水性になります。
 
リキテックスでペイントした上から透明のMr.カラーを塗れば、皮膜が丈夫になります。
Mr.カラー薄め液は、リキテックスを落とすのにも使えるので1つは欲しいところ
 
筆は、私は一本600円ぐらいの物を使っていますが、
消耗品と割り切って使う方がいいみたいです。

NEXT >>
 
戻る
 
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO